逗子海岸で調査用ウニ取りに参加しました。ムラサキウニが海藻を食べつくして磯焼けがが深刻なことから、マリンショップと近藤県議、県水産技術研究所、小坪漁協 が協力して多くの市民が参加しました。

ウニやアワビ取りは法律で禁じられていますが、今回は調査のために特別採取です。漁協ではキャベツをエサに養殖するキャベツウニの取り組みも進めています。

気候変動の影響で水温の上昇、生態系の変化は地元だからこそ実感出来ます。