「厚生年金保険料の納付猶予 の特例存続等を求める要望書」を提出

田村厚労大臣に「厚生年金保険料の納付猶予 の特例存続等を求める要望書」を提出しました。

コロナ禍で飲食店の倒産、廃業は780件と最多です。
飲食店コロナにより収入が減少した事業主に、保険料の納付が担保、延滞金無しで1年間猶予されてきたが、1月分から適用されなくなってしまいました。

政府は本日緊急事態宣言を3/7まで延長したのだから、6月分の保険料まで半年間延長を強く求めました。

衆議院厚生労働委員会で田村厚労大臣、内閣府等と議論をしました。神奈川でも まん延防止 地域が拡大し、事実上の 禁酒令 で飲食店には協力金が給付されます。

これまで補償の対象外だった 酒卸販売業、酒店に新たに売上半減から30%減に対象拡大、個人ひと月10万円、法人20万円の支援を県が臨時交付金活用して2倍まで支援できる制度を創設と答弁を頂きました。しかしそれだけでは、家賃にもなりません。酒類提供禁止を決めた国がもっと本気で支援しないと倒産増加の懸念は大きいです。持続化給付金の再支給を強く要望します。

衆議院厚労委員会で東京五輪開催による人流増加についての私の質問に尾身分科会会長が答弁をされました。

「オリパラ報道関係者やスポンサーらに行動規範が確実に順守されるかどうか」と指摘。尾身会長は「パブリックビューイング などスポーツイベントが関係して開催されると人流が増えるとの懸念」を示しました。

田村厚生労働大臣に長妻筆頭理事とともに2本の申し入れを行いました。

生活困窮世帯自立支援金 の大幅な対象拡大と、ワクチンの職域接種に非正規、アルバイトを排除しないことを強く要請しました。

弱い立場の方の不安を取り除く政策に取り組みます。

コロナ対策質問で、時間が取れなかった政策課題を6本の質問主意書で提出しました。

コロナ陽性で仕事休んでも俳優さんたちには傷病手当が出ません。言い訳ばかりの厚労省を後目に、知恵を絞り出して救いの手を差し伸べるのは地方自治体です。
フリーランスに 傷病手当金を求めます。

6月9日、第201.202.203国会の三ツ星議員 に選出していただき、zoom表彰式に出席しました。
質問回数、時間、質問主意書などを踏まえ選定するそうです。
衆議院厚労委員として、毎週質問させていただき、議員立法も多数提出。

先輩議員、支援者のご指導に深く感謝いたします。
初受賞を励みに、現場の声をしっかり政治につなげる、いのちと暮らしを守る政治に全力で取り組みます。

神奈川新聞に昨日の衆議院厚生労働委員会の質問が掲載されました。

政府は尾身先生はじめ専門家の意見を重視すべきです。
五輪ファースト、ワクチン頼みではいのちと暮らしを守ることは出来ません。

衆議院災害対策特別委員会 で災害時に 病院船 を活用する体制整備を行う法律案を起草し、提出者を代表してその趣旨を説明しました。

従来のドクターヘリやドクターカーも含めて必要な医療を迅速に適用し、又国際援助活動にも活用する趣旨です。

衆議院厚生労働委員会で田村厚労大臣、分科会尾身会長に地元からのヒアリング含め質問しました。

変異株対策、ファイザーワクチンの冷蔵移送、供給が不足している医療従事者へのワクチンに関し、大病院などの基本型施設間での融通、コロナ解雇10万人超の厳しい現在のコロナ特別給付金法案の必要性について質しました。
ぜひ困窮世帯への10万円給付を、与党の皆さんも審議して実現しましょう。

議員立法案を提出しました。
①  コロナ禍においては、高齢者の医療費自己負担を2割に引き上げることに反対します。
②  後期高齢者支援金を削減し、現役世代の負担を減らします。
この2つの命題を実現するため、私たちが出した結論がこの政府案への対案です。

衆議院厚生労働委員会でしっかり議論していきます。