神奈川県連で各種団体から国に対する予算要望のヒアリングを行いました。

神奈川県保険医協会は後期高齢者への医療費負担2割導入の撤回。
神奈川県腎友会より透析患者の皆さんは、コロナ感染重症化率が高いのにまだワクチン接種ができない状況との報告。
人工透析施設での接種が進むよう要望もありました。

ご意見踏まえ制度改善に取り組みたい

逗子海岸で調査用ウニ取りに参加しました。ムラサキウニが海藻を食べつくして磯焼けがが深刻なことから、マリンショップと近藤県議、県水産技術研究所、小坪漁協 が協力して多くの市民が参加しました。

ウニやアワビ取りは法律で禁じられていますが、今回は調査のために特別採取です。漁協ではキャベツをエサに養殖するキャベツウニの取り組みも進めています。

気候変動の影響で水温の上昇、生態系の変化は地元だからこそ実感出来ます。

今日は地元で復興丼をいただく。新鮮なお刺身にワカメ。

お隣のお茶バーCHABAKKAで佐賀のべにふうきにホッとひと息です。

鎌倉市 深沢行政センター で食糧を無料配布しました。
子ども食堂の ふらっとカフェ と市の共催で、170人分を用意しました。フードバンクとも連携し継続的な支援を目指しています。
民生委員さんは必要な人にまだ情報が届いていないとのことです。

立憲野党が以前から提出している議員立法、困窮者への #特別給付金法案 の実現を政府に求めています。

地域のネイルサロン、地域相談へ参りました。
長引く緊急事態宣言で飲食店以外も軒並み収入が落ち込んでいます。一時金のご案内をしました。

火事が発生した地域では、10年以上放置されたままの空き地があります。伸びきった雑草による火事の延焼の心配もあります。

相続登記が今後義務化される法改正もあり期待されますが、高齢化社会の課題は山積です。

あなたの物語を語る会

今日は大学生と「あなたの物語を語る会」を開催しました。

入学から大学に行ったのは4回だけとのこと。4月から対面授業再開と言われたのに、学部によって異なるようです。
アルバイト募集が激減で貯金が底をつきそうと悲鳴を上げていました。
長引くコロナが学生生活にも直撃しています。

高校の先生がほめてくれたから今の私がある!と嬉しい報告もありました。未来の皆さんのために私もがんばりたい。

アトリエM展で皆さんの力作を鑑賞しました。村田佳代子先生の戦争中の過酷な記憶と平和への希求に心揺さぶられます。

夕方「あなたの物語を語る会」を開催。コピーライター木村さんのお声掛けで、経営者の皆さんのお話を伺いました。

木村さんと印刷会社経営のIさんは「紙とことばで伝える」楽しさを子ども達に知ってもらいたいと、活動しています。送りたい相手のために、子ども達が色とりどりの一筆箋を選び、思いを書きます。小さな紙にどんな言葉が込められるのでしょう。今度私も参加します。

0311 逗子で黙とう

14:46 逗子で犠牲者の皆様に黙祷を捧げました。

いまだ避難生活をされている4万人超の方々はじめ、困難を抱えておられる皆様にお見舞いと更なる復興をお祈りします。

陸前高田の現地を訪れたNiM2 が復興を願い「共に生きる夢」を歌いました。

大船北第二地区再開発竣工式

 大船駅笠間口の大船北第二地区再開発竣工式に出席しました。

着工から5年、構想から30年、高層マンションと商業地区、公共インフラ再整備と 大船駅笠間口前が大船のランドマークになります。
大船仲通りとの回遊性のある賑わいのまちづくりを期待したいと思います。

地元の介護・福祉事業所 ヒヤリング

 地元の介護・福祉事業所のご意見を伺いました。

病院に連携した高齢者施設では、一時介護職の方をコロナ受け入れ病院に派遣し、認知症の患者らの介護にあたりました
下り搬送の受け入れの介護報酬加算を評価したい

引き続き現場の声を政策につなげていきたいと思います